13・夜尿症
おねしょは病気?
夜尿症は5-6歳を過ぎても毎晩のようにおねしょをすることをいいます。
幼児では、時々おねしょをするのはごく普通の事ですし、小学生でも、とても疲れた日の夜に失敗してしまうことはよくあることで、病気とは言えません。

小学校入学前のおねしょは、まだ身体が成熟していないためであることがほとんどなので、あまり心配する必要はないでしょう。

小学校に入学しても毎晩のようにおねしょが続く場合は、本人も親も気にしていることが多いですし、検査や治療を考えてもいいかもしれません。単なるおねしょだと思っていても、まれに糖尿病や腎臓病、てんかんが関連していることもあります。
夜尿症の原因
成長して夜尿がなくなっていくためには、
(1) 尿を濃縮するホルモンがしっかり分泌されて夜間の尿量が減る
(2) 膀胱が大きく伸びるようになり、尿をたくさん溜めておくことができる
の2つが確立することが必要です。

この働きがまだ未熟だと、夜間に尿がたくさん作られ、それを膀胱にためておくことができずに夜尿につながってしまうのです。

(1)と(2)のどちらが主な原因になっているかによって、多尿型(ホルモンの分泌が不十分で夜間尿量が多い)と膀胱型(膀胱が小さい)に分かれますが、実際にはこれらが混合していることも多いですし、それ以外の原因が隠れていることもあります。

どんなタイプの夜尿症なのかを調べるには検査が必要です。
身体的な病気が隠れていないかどうかを調べるために、一般的な血液検査や尿検査をします。ホルモンの分泌を調べるために朝一番の尿の濃さを調べたり、膀胱にどのくらい尿をためられるか(膀胱容量)を調べるため、尿意を感じてからしばらくがまんした後にトイレにいった時の1回の尿量を測ったりしてもらいます。

夜尿症はいつか治る?
夜尿症は大人になるまでにほとんどが治りますが、時間がかかることも少なくありません。気長に治る時期を待つよりは、治療に取り組んだ方が早く治ります。

薬物治療としては、ホルモン分泌が悪い場合は、ホルモン分泌を促す治療をします。
膀胱容量が少ない場合は、膀胱を大きくする訓練をしたり、膀胱が伸びやすくなる治療をします。
漢方薬も人によっては効果があります。 生活リズムを整え、お夕食から寝るまでに必要以上に水分を摂りすぎないように注意します。

夜中に起こしてトイレに行かせることは、睡眠をさまたげホルモンの分泌が悪くなることがあるのでお勧めしません。

「あせらず」「おこらず」「おこさず」が最も大切です。夜尿は必ず治ると信じて、ゆっくり見守ってあげましょう。できれば、おねしょシーツやおむつも活用して、親子ともゆったりのんびり構えた方が上手くいくでしょう。

子どもの病気のミニ知識 もくじ